素敵なお花屋さん
a0038487_13552672.jpg


素敵なお花屋さんの紹介です。
どこかの街に、お店があるわけではありません。
パソコンの中にひょこっと出来たお花屋さんは、とっても刺激的でした。
手刷りのラッピングペーパーも素敵だし、なにより花束の美しさ。
先日、お店のオーナーのお友達にあいました。とってもおもしろいひと。わたし、大好きです。
それで、さっそくブログで紹介させてもらうことにしました。
だって、こんなに素敵なんだもん。

『LOUISE は
それぞれが得意とすること、好きなことを
無駄に自分をせかさず、お客様のために
自分のために全力でやるというお店を目指しています。』

とあります。その言葉、潔くてかっこいいとおもいました。
そして、便乗するわけではありませんが、わたしも同じ想いだなぁと、共感するとともに、
自分に改めて問いかけてみました。うん。うん。
心の声「大丈夫?ちゃんとできてますかーーー??」
わたし「は、はい。。。そう心がけています。たまにね、おやすみしていますがね。。」
心の声「あんまりやすみすぎはだめですよー」
わたし「そうですね〜、でも、やすんでるとみせかけて、あたまのなかはフェスティバルですよ」
また結局意味不明になってしまいましたが、わたしも、できることを全力でやりたいとおもっています。


お花を贈ることって、どこか特別な気持ちがしていました。
でも、先日、待ち合わせにすこしだけ早くついてしまったので、ふらふらとお花屋さんをのぞいていたら、きれいなバラがあったので、1輪だけ買いました。そして、待ち合わせた友達にプレゼントしました。ふと、ふと。なんとなくしたことだったけれど、お友達もとてもよろこんでくれて、その笑顔で、わたしもすごく幸せな気分になりました。1輪でも、輪がほわって広がって、なんだか清々しくおもった、そんな出来事。ふとおもいたったら、大切な人に、お花を贈るのっていいとおもいます。特別なことじゃなくって、あいさつのように。ごちゃごちゃっとしてまとまらない気持ちも、ほわっと伝えてくれる気がします。ルイーズの花束は、特別なときにもらったら、とっても嬉しいと想います。でも、ごくごく普通の一日にもらったら、驚きもプラスされて、その日は特別になるんじゃないかとおもいます。特別な日も、そうでない日も、いや、毎日がほんとうは特別な日なんですよね、きっと。

是非ぜひ、LOUISE FLOWER WEB SHOPの扉をひらいてみてください。
LOUISE FLOWER WEB SHOP






[PR]
by tote-to | 2011-06-08 14:17 | ひとりごと


<< 6月のtoteの日 accoの△□ >>