Gallia
a0038487_15571897.gif
言葉を話すように、何かをつくれたらいいなといつもおもいます。心の中でほわっと出て来たことを表現するのは、やっぱり難しいとか感じてしまうときがある。一言一言、丁寧に言葉の葉を選んでも、見上げると違う木の葉を選んでしまったり、それがおもしろかったりもするのだけど、やっぱりもどかしかったりすることもある。絵を書いたり、詩を綴ってみたり、料理だってそうだし、笑ったり、いろんな表現手段があって、心の中の木を表現出来る。その中でも刺繍はなんだかしっくりくるというか、一針一針、針を進めるとほんわりと形になって、ペンで書いたよりちょっといびつだけど、なんだかいとおしい。
あたらしくtoteにやってきたGalliaのエコバックは、そんな気持ちがすっとつたわって、とても大切にしたくなります。布をキャンバスに、一針一針。そうして作られたバックは、毎日連れてどこかへいきたいなとおもわせる。綴られた一言も、大切にしたくなります。

Galliaは、パリでモードイラストを学び、その後パリのメゾンでテキスタイル、バックのデザインを経験し、その後日本でテキスタイルデザイナーやセレクトショップのバイイングなどをしていたデザイナーがハンドメイドでつくっています。大切にしたくなるちょっと贅沢なエコバックがコンセプトで、刺繍をしてからバックも縫製しています。60年代の女優や小物などがモチーフでとってもかわいいです。
税込 ¥4935

写真左 thank you!SOLDOUT
[PR]
by tote-to | 2007-01-29 15:48 | ★new★


<< fufufu 22..... gashima knit >>