meets the hand
a0038487_1758248.gif

たくさんの手と出会った。

そんな風にいってみたくなる、とってもうれしい1日になりました。




ひとつめの素敵な手。ずっと肩こりと肌の乾燥に悩んでいて、それでもなんとなく放置気味でした。お肌の曲がり角も、肩こりの赤信号も無視できず、先日友人に紹介してもらった素敵な人、直感で「この人にやってもらいたい!」とおもっていってきました。手当てっていうだけに、手の力ってすごい!手からいろんなものが出ているのかな?すっと体が楽になって、心も楽になって、元気になりました。

そして、軽くなった体と心で、埼玉にある折原さんのあたらしい箱にお邪魔しました。すっとまわりの空気をまあるくしてくださるとっても素敵な人で、会うたびに、こちらがほっとしてしまって、逆にお話を聞いてもらうことも。出会った頃に、ちょうど折原さんはお店を閉められたばかりでした。素敵なお店だったんだろうなあ。と、すこし残念だったのですが、またあたらしい形をひそかに楽しみにしていました。いつもお会いするたびにちょこっと話す、ゆっくりとそしてとても丁寧にすすむ箱の話にどきどきしていました。そして昨日、電車にゆられてその場所へ。片道80分。電車の旅です。途中うとうとしたりしていたら、あっというまに着いてしまいました。地図をぐるぐる回してしまい、余計にわかりにくくしてしまう。どこにいるのかわからなくなっても、不思議と不安はなく、ちゃんとその場所に着く事ができました。もともと簡単な地図だったから。。。さ。やわらかい光と、アラジンのストーブからの独特のかおりと、いつもの折原さんがそこにいて、初めて来た場所なのに、前にもきたことのあるような、不思議な安堵感につつまれました。CHICU+CHICK5/31さんの個展が開催されていました。教会のような雰囲気のその場所と、山中さんの作り出す手仕事のお洋服や集められたものたち。そして”日替わりおいしい便”いろんなおいしいものが頂けます。ちょうどその日は麻こころ茶屋さんの日でした。天然酵母ピザと豆乳のチャイを飲みながら、いろいろとおしゃべり。山中さんのお話が、とっても素敵で、たのしくて、麻こころ茶屋さんご夫妻のおいしいお茶もあって、気が付くとすっかり外は真っ暗。(途中かわいい猫がやってきた!)気になっていた洋服をいくつか着させてもらって、ひとつ頂きました。いつか自分にぴったり馴染むように、大切に着たいです。おばあちゃんになっても、着ていたいです。たくさんのすてきな手に出会って、本当に良い1日でした。帰り際、その場所にtoteで買って下さったアンティークのキリムが置いてあることに気が付いて、とってもうれしかった。あの道のりを旅してきたんだな、と。わたしもこの場所からつれてかえったものを大切にしようとおもいました。すてきな手からできたもの。

個展は12月2日まで開催されております。是非、ちょっとした旅気分でいってみてはいかがでしょうか?きっと、いろんな手と出会えるはず。

[PR]
by tote-to | 2007-11-29 20:01 | ひとりごと


<< HIPOTA  PEIKKO chain fl... >>