YAKA
a0038487_18564582.gif
あたらしい作家さんがふえます。YAKAといいます。

2が月前、ふわっとやってきたその人の、手にもっていた鞄がとってもかわいくて、
そういえば、好きそうだよ、と見せてもらったことのある鞄にとても良く似ていて、
じーーーっとみてしまう。やっぱり、あれかな、うん、あれだよ。
思いきってかわいい鞄ですね。と声をかけてしまう。。
やっぱり、それはあれで、それがあれなもんで、とってもうれしかった。
しかも、持っているその人は、それを作っているひとでした。
そして、なんだか恥ずかしいけれど、お互いにずっと気になっていたことがわかって、照れ笑い。
ものとか、ひととの出会いが偶然で、でもとっても必然に感じるような瞬間は、すこしくすぐったくも、うれしいものです。ゆっくりがいい。
土曜日にその、鞄がやってきます。画像は、YAKAさんがおくってきてくれたもの。
うれしくて、ちょっとフライング。まだ手もとにないのに、前にもあったような、そんな感覚です。

 thank you! SOLD OUT

[PR]
by tote-to | 2008-04-10 20:27 | ★new★


<< はながらがらがら、りぼんがらがら 旅のことを、少々 >>